スポンサーサイト
2010.05.05 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
ガンダムTR−1 ヘイズル (ガンダムMK-供椒献爛スタム+陸戦型ガンダム+ガンダムNT1・改造)
2009.12.06 Sunday 19:48
JUGEMテーマ:ガンプラ


RX-121TR-1 ガンダムTR−1 ヘイズル
(ガンダムMK-供椒献爛スタム+陸戦型ガンダム+ガンダムNT1・改造)
(※pmmcさん作品です!)



頭頂高 18.1m
本体重量 41.5t
全備重量 63.0t
出力 1,420kW (+390kW)
推力 114,480kg
センサー有効半径 10,200m
装甲材質 チタン合金セラミック複合材(一部ルナ・チタニウム合金)
武装 ビーム・サーベル
    多目的ランチャー(選択式)
    ビーム・ライフル
    シールド
    シールド・ブースター 他


本機は宇宙世紀0084年、ティターンズがMSの最新技術を評価する為、コンペイトウ工廠にて作製した実験機である。同時に一年戦争の活躍により伝説的名機となったガンダムを模したタイプの頭部を装着する事による友軍及び敵軍(特にジオン残党軍)への心理的影響、更にはその存在自体が戦局に与える効果の検証も目的としている。ベース機としては信頼性が高くティターンズ専用機として各部隊に配備されており、メンテナンス時のパーツの互換性の高い事からジム・クゥエルが選出された。その結果、開発期間の大幅な短縮にも繋がる事となり、各部に換装された強化パーツによって、ガンダムタイプMSにも匹敵する高性能機として完成した。ベース機に対して高性能である反面、機体特性、操作性が大きく異なっており、その機体性能を遺憾なく発揮する為には高度な操作技術を要する。また、オプションパーツを装着・換装する事により様々なミッションに対応することが可能である。

頭部ユニットはデュアルセンサーとV字型のマルチブレードアンテナを装備したいわゆるガンダムヘッドに換装されている。特にセンサー能力の向上が図られ、頭頂部には強襲形態時の視界を確保する為全周に渡ってセンサーが設置されている。それらスペースの関係から頭部60mmバルカン砲は廃止されているがガンダムMk-IIと同型のバルカンポッドを装備可能。

胸部は胴体とバックパックを繋ぐ形で補助アクチュエーター・ユニットに換装されている。これは肩関節の動きを補助するもので、これにより肩関節の強度は大幅に増大する事となった。この部分はジム・クゥエルでは複合インテーク・ダクトが設けられていた為、排気性能はやや低下している。内側は多目的スペースとなっており、使用目的に応じて換装が可能である。

脚部は熱核ロケット・エンジンを内蔵した強化パーツに換装されている。一般的なMSでは後部にのみスラスターが設置される場合が多いが、本機は高い推力を有する為逆噴射による制動用のニー(膝)・スラスターとが前部にも設置されている。脚部左右にはプロペラントが内蔵されている。また、オプション兵装時などの重量増加に対応する為足首関節部のアクチュエーターが強化された。それらを保護する為アンクル・ジョイントは大型化している。

新たに換装されたバックパックには可動式ブースターポッドが接続されている。アームにより接続されている為、可動する事でAMBACユニットとしてもベクタード・スラスターとしても機能する。ハイブリッドタイプの熱核融合炉が搭載されており、熱核ジェット・エンジン兼ジェネレーターとしても機能する。大気圏内では熱核ジェット・エンジンの前面シャッターが開き、エアインテークとなる。下部のハッチにはサブスラスターを内蔵する。上部にはマウント・ラッチが設置されている。リアアーマーは推進力向上の為ガンダムNT-1のチョバムアーマーを改良したものに換装されている。




詳しい改造内容等はこちらをご覧下さい!

 
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へにほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへにほんブログ村 小説ブログ SF小説へ





               


| 0079stdp | ゲスト 投稿作品 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
2010.05.05 Wednesday 19:48
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |