スポンサーサイト
2010.05.05 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
小説 登場モビルスーツ:アナベル・ガトー専用 リックグフ
2009.10.20 Tuesday 23:01
 

YMS-07R-1/MS-07FS  アナベル・ガトー専用 リックグフ



頭頂高 18.7m
本体重量 59.4t
全備重量 77.4t /87.5t(プロペラントタンクフル装備時)
出力 1,340kw
推力 55,080kg
センサー有効半径 3,600m
装甲材質 超硬スチール合金
武装
ヒート・サーベル(グフサーベル)
        シールド
        R-1専用360mmジャイアント・バズ改(弾数10)
        R-1専用ザク・マシンガン改


機体設定
実用テストの結果不採用になり、廃棄される予定だった
高機動型グフR−0エリオット・レムの考案した改修案に基づき、ソロモンで空間戦用に改修させた機体。

バランサーのプログラムを重力圏仕様から空間機動仕様に変更し、高機動型最大の欠点であった稼動時間の短さを改善するため、試作型MS用プロペラントタンクが装備されており、最大戦速を多用した戦闘を行っても、戦闘稼働時間は他の機体と同等以上である。
また、ショルダー・アーマーにはサブ・スラスターが増設され、機動力はさらに向上している。

試作機のR−0は、重力下での運用を目的としており、”R−2ザクと同等の推力で推進剤の消耗を抑えた改良型スラスター”を使用していたが、このR−1では空間戦用となり、さらにプロペラントタンクも装備されているため、推進剤の消費率を従来のR−2ザクと同じ数値に戻してある。その結果、スラスター推力は約20%向上させることができた。それに伴い、各スラスター・ノズルは大口径のものへ変更されている。
また、R−0ではむき出しになっていた脚部の動力パイプを取り外した部分には、新たに脚部スラスター・エンジン用の冷却ダクトが増設されている。

武装は、ジャイアント・バズ改と専用マシンガン、ヒートソードを装備。リックドムを上回る機動力と同等の火力を持った非常に優れた機体だったが、原型機であったR−0が正式採用機ではなかったために量産はされず、事実上?アナベル・ガトー専用のワンオフ機体となった。
この機体に装備された、ショルダー・アーマーのサブ・スラスターと試作型MS用プロペラントタンクの技術は、後にゲルググ、ゲルググMにフィードバックされている。
なお、この機体には、ドズル中将より特別に正式型式名
MS-07FSも与えられており、2重の型式名となっている。

          
武装設定
R−1専用ザクマシンガン改
R−1専用にザクマシンガンをベースに開発された。
弾丸には、特殊な強化弾を使用している。これは、旧世紀の徹甲弾をヒントに開発したもので、弾頭の先端に、ヒート・ホークの刃先に使われている硬度を強化した超高張力鋼が弾体につかわれている。その威力は、ルナ・チタニウムの装甲でさえ貫通する。

マガジンは小型化され、銃身上部から下部に装備する方式へ変更された。そのため、装弾数はノーマルマシンガンの約半分になってしまっているが、携行性が向上しているので携行できる総弾数は、ザクマシンガンと同じである。

ジャイアント・バズ改
ジャイアント・バズの砲身の剛性を強化改造したR−1専用ジャイアント・バズ。
弾体は、従来の物と同じで火力は変わらないが、弾体発射時の液体炸薬の量を増加させ、弾速を速めて命中精度を強化している。砲身上部の補強部材は、液体炸薬の追加タンクも兼ねている。


       

 
          ノーマルグフとの比較



※改造内容、その他の画像を見たい方は、
こちらへどうぞ!




面白い!っと思って頂いた方は、下記ランキング応援お願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へにほんブログ村 アニメブログ ロボットアニメへにほんブログ村 小説ブログ SF小説へ

               

| 0079stdp | 小説 登場 モビルスーツ | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
2010.05.05 Wednesday 23:01
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |